電波時計ってどんな仕組みなんだろう?

最近の時計って、ほおっておくと勝手に時間があっちゃいますよね。
電源をいれてしばらくしたら、時計の針がぐるぐる回り出してビビったという話も。。
これ、電波時計と言って、時刻の情報が載った電波?をラジオみたいに受信して、
その時刻に合わせるという物。
関東だと、福島県に電波の送信所があって、そこから発信された時刻の情報を各時計が受信して、
受信したデータをもとに、自動的に時刻を設定するんだって。
電波に時刻情報を載せるというのも意味不明だし、日本に2か所しか送信所が無いのもびっくりする。
そんな遠くの送信所から送られた電波を受信していたなんて。。
しかも、電波時計の時刻データって、時刻だけじゃなくて、日付や年なんかも同時に贈って来るらしくて、
液晶の電波時計では、電源を入れてほおっておけば、いつの間にか日付や時刻が合うらしい。
ただ、最近は同じような事をGPSでやる時計もあるそうな。
そういえば、カーナビっていつも時刻ピッタリ!これは、GPSが時刻情報を常に送信しているからなんだって!
とうとう、宇宙からの電波で時計を合わす時代になったか。。。