相手に全く覚られずに誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れる方法

相手に全く覚られずに、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、しっかりした機材と技術が必要になります。
浮気現場の写真を撮ったとしても、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると残念ながら証拠とは言えません。
浮気を探偵に調査してもらうなら、超小型の機材を使い相手にバレないように客観的な証拠を撮影してくれます。
探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。実費には移動にかかる費用、写真撮影にかかる費用などですが、調査員の食事代が足されるケースもあるでしょう。また、時間給は調査員の人数×調査時間で、算出した費用です。
浮気調査を行う期間が短ければ支払いも安くすみます。信頼に値する探偵事務所を見つける方法として、評判や口コミを調べるのが大切です。当たり前のことですが、その探偵事務所が運営するサイトに記載されているような口コミではなくて、運営が異なる掲示板や相談サイトに載っているような口コミを確認するようにしましょう。該当する探偵事務所と金銭的に無関係の人による口コミは、信頼性が高いのは明白です。
浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが発覚してしまった場合、結婚生活を維持するかどうか心が乱れますよね。
ひとまず冷静になって、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、よく考えておくことが賢明です。
法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して離婚という別れを選択するのも一つの方法です。いくら成功報酬制を採用していると言っても、例えば、浮気調査について依頼したとすると、その際の調査期間が3日間だったとすると3日間で浮気が発覚しなければその調査に関しては成功ということになります。
実際に浮気があったとしても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、浮気の証拠がつかめないまま、浮気調査は終了してしまい、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。
探偵が浮気調査を行う時でも失敗することがないことはないのです。探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、失敗することが全くないとは言えません。
配偶者がいきなり車や電車を使ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。
それに、浮気調査実施中に不倫している相手に関わらない場合には証拠を掴みきれません。配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、支払う料金が低過ぎたり、 または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、より細かな料金プランが提示されていて、追加の料金設定がなされていないような探偵事務所が望まれます。
また、探偵業の許可を取得しているのかお調べください。
法外な調査をしているところには委託しない方がよいでしょう。
探偵に浮気調査をお願いして、歴然とした証拠が発見されれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。パートナーが信用できなくなってしまうと一生共に生活することは相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。
それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求すると別れさせることも難しくはありません。
時間単位での尾行料金が設定されている場合、尾行をする時間が短い方が、費用が少なくなります。したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、相手の日々の行動を観察しておく必要があります。
その中で、最も怪しい時間帯や曜日に追跡をお願いすると、探偵側も余計な手間がかからず、お互いにとってメリットのある依頼になります。
探偵は依頼されたことのみを調査すればいいということではありません。不倫をしているのか調べていくと、思ってもみないトラブルが起こる時があります。
そんな状況になった時に、依頼者の立場を最優先に考えてくれるのが信用できる探偵ということです。
信頼できる探偵の見分け方は、相談した時の対応などでよく考えて判断するようにしてください。
せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、パートナーが何か変だなと勘付いてしまって浮気調査が困難になり、失敗に終わる場合もあります。いくら探偵の浮気調査でも、100%成功することはあり得ないのです。
成功しなかったときの調査にかかった費用についても、調査する前に決めておくことが大事だと言えます。
法律の中で、夫婦関係にある人が配偶者以外の異性と故意に性的関係になることを不倫と定義しています。
すなわち、法律の上では、男女関係に発展していなかったら食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫じゃないということです。
男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。
例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠を掴めるのです。
浮気相手への連絡手段として携帯を使うのが当たり前だからです。近年、メールやラインで連絡をする機会も増えましたが、好意を持つ相手の声を聞きたくなる時もあるでしょう。
ですから、空き時間に電話することは否定できないのです。浮気調査の費用を節約する方法は、できる限り事前に自分で調査をすることでしょう。
調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけでいいのです。毎日、仕事に出る時間、帰ってくる時間、電話で誰かと通話していれば、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。
探偵をバイトでしている人のいる事例がございます。探偵としてのアルバイトを調べてみると、募集がかかっていることを知るでしょう。
ということは、バイトを使っている探偵事務所もいくつもあります。
浮気の調査をお願いする場合には、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。でも、バイトだと正社員と違ってずっと続けているという保証はないですし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。
浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均で3~4日かかるといわれています。
とはいっても、これはあくまで平均の期間です。
浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあります。
逆に、怪しい日がもう分かっているなら、調査期間は1日で済むこともあります。
食事をした際の請求書には飲食時の人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。
あわせて、クレジットカードの支払い項目は月ごとに点検するようにします。仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、誰かほかの人と一緒にいた想像されてしまう事があります。もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。
といっても、いつ浮気をしているのかを特定できているなんていっても、知人に相談して証拠を撮ってきてもらうにしても、ほとんど駄目でしょう。
ばれないで写真を撮影するにはやはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。
探偵に頼んで浮気の証拠が掴めます。相手の様子が浮気を想わせた場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。しかしながら浮気の証拠を自力で手に入れるとなると、相手に見つかるというリスクが高くなります。
なぜでしょう。答えは簡単で、相手があなたの顔を知っているからです。
探偵が使うという追跡グッズとは 自分でも買えるものかと言いますと、購入できます。
追跡グッズは、一般にはGSP端末を使うことが多いのですが、これは誰でもインターネットなどで買えます。
車両に載せるタイプのGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、誰でも買えるのは当然です。
頻繁に掛かってきたり取っていたり取り合っているとなるとその電話の相手が浮気相手という確率は濃厚であると考えられます。
そういったことが見受けられたらその電話番号の相手を突き止めるだけでいいのです。そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、電話での連絡を浮気相手ととったのちには通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。浮気という証拠はカーナビでもつかめるでしょう。
みつからないようにカーナビに残っている履歴を確認することで、浮気の相手とドライブデートした場所を見つけられる可能性があります。
履歴が見慣れない場所であった場合気を付けてましょう。
そして、しばしばもしガソリンを入れていたら、デートに車が使われていることがあります。
ほんとに離婚してもかまわない、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。
けれども1人で踏み込むと、喧嘩になりやすいので、できるだけ避けましょう。信頼している人を連れて行けば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。
あなたが信頼できる方がいない場合、探偵等に依頼すると良いです。
浮気調査の第一段階ですべき事は、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。不倫行為が確実ではない場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。
もしも浮気が確かなこととなれば、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。
仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、パートナーと不実を働いている相手を確定させるのです。浮気の調査をするときには、どのような調査が行われるかにもよりますが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。
しかし、まだ浮気が確定でない場合には、まず調査員が1人で浮気であるかどうかを浮気が確実なものとなったなら、再度計画を立てて調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。
まず探偵に関して言うと、怪しむ人のないように充分に用心しながら粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、興信所から来たことを明かして表立った調査をしているようです。目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、対象についての情報収集は興信所が上手いと考えることができます。
格好をチェックすることで浮気の裏付けをすることもできます。
浮気をすることで、著しいのは着る洋服の違いです。
それまではお洒落には興味がなかったのに、突如おしゃれに関心を持つようになったらよく見ることが重要です。これから先浮気をしようとしていたり、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。
浮気の証拠を握るためには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。とはいえ、探偵への調査依頼は高額なので、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。
探偵へ浮気調査を頼んだら、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所ごとにも価格はそれぞれ異なるので、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。
不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を望むのであれば、尚更念入りに、相手への調査が必要ですし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を掴まなければなりません。
その辺を探偵社に調査して貰うようにすれば、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を鮮明に写しだしてくれるでしょうし、経験に裏打ちされた、間違いのない形で十分な証拠を整えて貰えます。結婚した人の不倫を調査を探偵に依頼する際には、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間をあらかじめ打ち合わせをしておきます。
探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、調査が長期になれば高額の調査費が必要になってしまうでしょう。調査する人の所属するオフィスにより、利用する機械や調査員の手腕には違いがありますので、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。