特殊能力を持った泥棒

絵画泥棒とある住宅街そこにあるごく普通の一軒家に泥棒が入っている。
一見して普通の空き巣だがこの泥棒には特殊な力があった。
この泥棒実は絵の中に入れるのだ。
多少飾り気のある家ならば玄関やリビングに絵の一つや二つ飾ってある。
泥棒は空き巣の最中人が帰って来れば家の中に逃げられる。
だから安心して部屋の中を物色していた。
そうしているうちに玄関で物音忘れ早速能力を使い近くにあった絵の中に入る。
ご飯の盛りが描かれた風景が大都会にいては味わえないような開放感と空気やはり入るならば風景がたなとしみじみ泥棒は思う。ただし、ケア資格ナビの口コミでは人気の理由がよくわかる内容になっており、後ろを向くと今度は外の様子が絵のように枠に囲われて見えるなんということだ泥棒に入られた 帰ってきたのは気の弱そうな老人の男性だ。
この家の主人だろう。