歯周病が口臭の最大の原因

口腔内に雑菌をたくさん増殖させる要因はプラーク(歯垢)になります。なおプラークの実体は、雑菌の集合体。この集合体に棲む雑菌は、歯肉の中に侵入していきます。そのうえで、雑菌の侵入を歯肉がストップする際に起きる反作用、それこそが歯肉の炎症(歯肉炎)なのです。
しかしながら、歯肉の戦いには限界があります。そういった状況を何もせず放っておくと、雑菌は歯肉に歯周ポケットといったさらに雑菌の増殖に最適な条件をつくり出しだして増大しているのです。プラークは2週間くらいで固まって、歯石に変容します。歯石は、珊瑚を思い浮かべるとわかりやすいかもしれないですね。きわめて小さな空洞がいっぱいあいていて、その中に雑菌が入り込んで増殖するのです。
プラークが歯石になって、雑菌が増加するとともに歯周病が悪化すると、雑菌は、歯槽骨と言われる歯を安定させる骨を溶解していくのです。損傷した組織は、膿みになって口腔内に放出されます。これについても口臭の発生源というわけです。 口臭が心配な人は、とにかく、歯周病に要因が全くないか歯科医院に意見を聞いてください。歯周病のケアは、口臭解決手段としてとても重要なのです。