そば茶を毎日愛飲する私。そば茶は専門店で品質の良いものを選ぶべき!韃靼そば茶2021年!!

今の滋賀県一帯は、昔の国名で「近江」と書いて「おうみ」と呼ばれた。これは「ちかつ
おうみ」つまり近くの湖という意味の呼び方を短縮したもので、琵琶湖にちなんだ名であることは言うまでもない。それに対し、「遠江」と書いて「とおとうみ」と呼ばれたのは今の静岡県西部で、もちろん都から遠い浜名湖に由来する地名だ。
 
さて、
そば茶を毎日愛飲する私。そば茶は専門店で品質の良いものを選ぶべき!韃靼そば茶のお話ね!!
今年、2021年おすすめランキング!バージョン。
さて、ところで皆さんは普段、どんなお茶を飲んでますか?
私のおすすめは断然!楽天の「お蕎麦研究会」ね!
しってるかなぁ〜。
私の中のそば茶、韃靼そば茶のランキング!今年2012年もずーっとNo.1なのね。
通常のそば茶に比べてもその栄養素なんと!100倍〜!!
驚きのスゴさね!!
おすすめのそば茶、美味しい蕎麦茶、ノンカフェイン|楽天市場「お蕎麦研究会」の韃靼そば茶のページへ!
 
香ばしい香り、そば茶と韃靼そば茶。
Mixしてもいいよ。
ノンカフェインだから、妊婦さんの女性には特にオススメ。
あとね、あと血圧が気になる年齢の方にも超オススメですよ!!
今年、2012年 私のNo1人気は、楽天の「お蕎麦研究会」の韃靼そば茶ですよー。
 
さて、
ところで不思議なのは、ここでどうして「江」という字が使われているかという事で、この漢字は本来「大きな川」を意味し、日本では海や湖が陸地に入り込んだ場所もさすが、湖そのものを表すものではない。
ただ、この二つの湖は、地図で見るとずいぶん違った形をしているのは、南端の入り江のあたりからの眺めは、大変よく似ている。
そんなささやかな発見が、こうした表記の背景にも響いているような気がしてならない。